アニメ『ゾンビランドサガ』第1話の感想【ネタバレ注意】

2018年10月4日から放送開始されたアニメ『ゾンビランドサガ』。

予想外の展開だと話題になっているので、実際に見て私が思った感想をまとめてみました!

ネタバレを含んでいるので注意してくださいね!

あらすじ

生きる屍は、ある洋館でひっそりと目覚めた。

しかし自分が誰なのか、その場所がどこなのか…何もわからぬまま徘徊するだけ。

やがて生きる屍は、恐ろしい現実を目の当たりにし自らの運命を告げられる。

「偽りの仮面をかぶって、闇の中を歩き続けるしかない」ということを…。

しかし、生きる屍に光が差したとき人々は聞くことになるだろう。

狂乱の中に響き渡る破滅の叫びを…。

Twitterの反応

実際に見てみた感想

ゾンビランドサガの第1話を見る前にアニメのPVを見てみたのですが、ホラー系かと思ったらポップな印象もあり、結局PVを見てもいまいちわからず…。

しかし放送された第1話を見てみると、まさかの展開にとても驚きました!

ネタバレになってしまいますが、ゾンビ系に多いパニックものではありません。

完全にアイドルアニメ。というより、ギャグアニメと言ったほうがしっくりきます。

まず、開始約1分で主人公が死んでしまう展開が予想外すぎて笑ってしまいました(笑)

そこから一瞬ホラーになるのか?と思ったのですが、結局ならずギャグ要素多めのアイドルアニメに!

なので、ゾンビパニックものを期待していた方はがっかりかもしれませんが、私は作画も内容も好みでした♪

これからの楽しみがまたひとつ増えてよかったです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です